公文式教室での採点アルバイトレビュー

kumonn

大学生の頃、3年間公文式教室で採点のアルバイトをしていました。あちこちで見かける教室なので、子どもの頃に通ったことのある方も多いかと思います。ここではその生徒ではなく、採点をしていたアルバイト側の体験談をご紹介したいと思います。

公文式教室の仕事内容

生徒がその場で解いた問題の採点です。問題集は10種類以上のレベルに分かれており、生徒はそれぞれ自分のレベルやペースに応じた問題をやっています。生徒はその日やる分だけ解いたら採点して下さいと、提出してきます。解答集があるので、それを見ながら採点していけばよく、あまり難しいことはありません。対象は幼稚園児~高校3年生までと幅広いです。
空いた時間には、宿題として生徒たちが置いて行った問題の採点もあるので、暇になることはありません。

公文式教室でバイトして良かった点

計算が速くなる

大人になるとなかなか触れる機会のない算数や数学。グラフや因数分解など、懐かしい問題を目にすることになります。答えを見るほどでもない低学年の簡単な計算問題など、普段の生活では使わない脳の部分を使えます。おかげで買い物でおつりの計算をぱっとする癖がつきました。自分も通ったかのように、公文式の影響を受けていたようです。

たくさんの子どもたちと触れ合える

教室には、数時間の間に大勢の子どもたちがやってきます。年齢も性格もさまざまな子どもたちです。なついてよくおしゃべりする子や、問題がわからずすぐ泣いてしまう子、字がきれいな子もいれば、読めないほど汚い字の子もいます。それぞれの子に寄り添って対応ができるようになります。色んな子と接するのはとても貴重な体験でした。

手際が良くなる

多くの生徒がいっぺんに採点の提出をしてくるので、すぐに仕事がたまります。なので採点はスピードが命です。とはいえ間違ってはいけないので、てきぱきと正確に正誤を見極め、すばやく採点する能力が身に付きます。

公文式教室でバイトして悪かった点

忙しい

通う生徒数の多い教室だったということもありますが、ずっと忙しいです。生徒は時間帯によって、まず幼稚園→小学校が終わる夕方からたくさん教室に来始めます。まだその生徒たちが帰らない夜7時頃がピークで、座る場所がない子もいるほど混雑します。この時間帯になると、部活が終わった中高生が来るので、色んな年齢の生徒が集まります。
採点しなければならないものがたまっているので、トイレに行くことも難しいです。

スペースが狭い

とにかくたくさんの生徒が座れるように、机も椅子も一人あたりのスペースが狭く、それは採点する大人でも変わりません。窮屈な状態での仕事でした。

意外と問題が難しい

公文式は簡単な問題というイメージを持っている人も多いかと思いますが、高校生レベルの問題は、意外と難しいのです。自分が不得意としていた数学は、答えを見ただけではわからず、質問された時に説明に困ることもありました。国語も記述式の問題は、模範解答はありますが、何が正解かはっきりとは言えないところがあるので、採点が難しいことがあります。

公文式の教え方がある

公文式は、子どもが自分で考える力を身に付けるという独自の教育法を持っています。なので、生徒に質問されても、答えに導いてしまうような教え方をするのはタブーです。
また、100点の丸の書き方も決まっており、教室長の先生に細かく注意されることもありました。

手が汚くなる

小さいことではありますが、毎回必ず手が汚くなります。自分が使う赤ペンだけではなく、生徒が使った鉛筆の跡もどうしてもついてしまうので、いつも手が汚くなっていました。

公文式教室でバイトするのはこんな人におすすめ

子ども好きな人

大勢の子どもに囲まれるので、子ども好きな人に向いています。一口に子どもと言っても、下は幼稚園児から上は高校生までいるので、対応の仕方も異なってきます。小さい子にはやさしく上手に勉強するようにもっていかなければなりません。小学高の高学年くらいの子どもたちは、友達同士でふざけあったりするので、なかなか勉強がはかどらず、たびたび注意することも必要です。中学生や高校生にもなると、反抗期なのかあまりしゃべりたがらない子も多いです。色んなタイプの子と接するいい経験になるでしょう。

教育関係の仕事に興味がある人

学校の先生を目指しているような人にはぴったりの仕事かもしれません。一人で見るのは一クラスよりも人数が少ないですが、まるで教育実習をしているような状態なので、将来にきっと役立つと思います。

にぎやかな雰囲気が好きな人

教室内にはたくさんの人がいるので、常にざわざわとしています。時には先生が怒っていたり、子供が泣いていたりすることもあるので、臨機応変に対応できる人に向いています。

短時間のバイトがしたい人

教室にもよるとは思いますが、実働時間は夜の7時から10時くらいまでのことが多く、短時間だけ働きたい人には向いています。夜の数時間を有効活用してみてはどうでしょうか。希望すれば教室を開ける午後3時くらいから働くこともできました。
【アルバイトEX】公文式の求人検索結果