自動販売機の中の人になった僕

tim-wright-122641

大学生のころのアルバイトの話です。
ペプシコーラのトラックに乗ってひたすら東京都内をぐるぐるとまわりひたすら自動販売機にジュースを補充していました。
よく街中で走っている青いトラックです。
コーラといったらコカ・コーラを思い浮かべる人がいますがここでは僕が青いコーラをひたすら補充し販売した話をします。

自動販売機補充の仕事内容

メインはドライバーのトラックが駐車違反にならないよう見守っているという非常に楽な仕事でした。
ビルや駅やパチンコ屋なんかは、車が見えないので見張っていないといけないのです。
待っているだけでいいなんてすごい楽だなと思いましたが、待っている時間があまり長くなるとつらい時もあります。笑
荷台から清涼飲料水を出してドライバーがひらすら自販機に補充します。最初は商品を決められた数を用意するだけでしたが、だんだんとなれてきてトラックが見れる位置にある自販機(おもに公園とか路上に置いてある自販機)は教えながらも補充するようになりました。
商品を落としてダメにしたこともありましたが、優しいドライバーさんは「後で飲んでもいいよ!」と優しくフォローしてくれました。

自販機補充のバイトをして良かった点

都内の餅に詳しくなる

いろいろまわりましたが、なにより都内の道にすごく詳しくなった。
今まで電車が移動手段だった自分にとって道を覚えるというのはすごく新鮮でした。
免許は取ったばかりで運転はさすがにできませんでしたがイメージはすぐに浮かぶようになりました。

筋肉がつく

次によかった点は、筋肉がすごくついたこと。
お金を払ってスポーツジムに通うなんてとんでもない!バイト代をもらえてさらに筋トレ効果もある仕事なんてそうそうありません!

夏場は大汗をかくのでみるみるうちに痩せていきます。
そしてなにより清涼飲料水は、ケースで運ぶと非常に重いのです。一本500gとして掛ける24本なので一ケースあたり12キロほど。

それをエレベーターがない場所なんかは、手で上げるのですから、いやでも筋肉がつきます。
ちなみに僕は10キロほど痩せました。そしてみごと細マッチョになれたのです!

新商品をいち早く飲める

そして次のいいところは、コンビニやスーパーでまだ発売されていない新商品をいち早く飲めることです。
発売日前に事務所で試飲会をしてみんなで感想を言い合うのです。なんか非常に得をしたなぁと思いました。
だって発売日する前にほかの人に味を伝えられるのですから!毎月もらえる新商品サンプルも楽しみでした。本来はお客さんにあげるべきなのですが、余ったのをたまにもらえるのがすごくうれしかったです。

周りの雰囲気が良かった

そして最後によかったことは、とにかくまわりの雰囲気がよかったことです。
車内のドライバーさんたちがみんな若い(同時の僕が22才で3-4つくらい上の年齢)というのもあって
運転中は雑談が絶えませんでした。

くだらない話でげらげら笑いながら時には話に夢中すぎて道をまちがえたこともあるくらい。
一日の業務が終わると営業所に帰るのですが、そこで業務を終えて帰ってきたほかの先輩たちとも、倉庫で翌日の商品を積み込みながらくだらない話で盛り上がっていました。たまにですが終わった後なんかは、一緒にご飯を食べに行ったこともあります。

自販機補充のバイトをして悪かった点

最初はきつい

筋トレできるといえどもやはり最初はきついです。
重たいものをひたすら運ぶわけですから慣れていないときついです。
翌日には体が痛くなるほどでしたが一週間もやればおのずと慣れてきます。

新商品の販売

新しい商品が発売されるたびに自販機に補充しなくてはならないので、発売されてから2週間は忙しいです。
商品によっては担当しているすべての自販機に投入しなければならないので、これがまた大変なのです。
ちなみに平均80台くらいで多い人で120台ほどでした。

季節の変わり目の辛さ

日本には四季があるので季節の変わり目で自販機を温かくしたり冷たくしたりと、入れ替え作業がこれまた大変です。
もちろん担当しているすべての自販機をやらないといけないので、季節の変わり目は一台あたりに時間がかかります。
ここでいろんな商品を用意したり終売商品を抜き取ったりと、トラックの整理整頓も大変でした。

天気

基本外にいるので天気の栄養を思いっきりくらいます。夏は、サウナのなかで仕事をしているような感覚です。水分補給を怠ればまちがいなく熱中症になると思います。
雨でも自販機は売れます。

雨が降っている中でも補充はしなくてはいけません。雪が降っても自販機は売れます。
足元に気をつけながら補充をしたこともあります。

さすがに雷の時は車の中で待機していました。冬は寒くほんとに外に出たくありませんでした。
防寒用具がないと足の震えがとまりません。荷台の中は保冷車でないのですが、外気温で缶コーヒーがキンキンに冷えるほどでした。

バイトするのはこんな人におすすめ

まずとにかく体を動かすことが好きな人にはおすすめです。スポーツ経験者はすぐになれることができると思います。あとパワーに自信がある人は即戦力だと思います。

運動部経験者なら体を鍛えてお金をもらえて、時々新発売のジュースを飲みながら楽しく働けると思いますよ!一日が終わるのがほんと早いです。