ロッテリアでのアルバイト

f:id:utr066:20150923091719j:plain

ファストフード店の中でも、ロッテリアが好きな人はそこでのアルバイトを考えているのではないでしょうか。今回はそのロッテリアのバイト紹介です。

ロッテリアの仕事内容

ロッテリアでのアルバイトは、キッチンと接客スタッフにわかれます。私はカウンターでの接客スタッフをやっていました。

カウンターでの接客スタッフは、一番大切な仕事はいらっしゃったお客様の注文をとり、注文のとおりに正確に食事を用意し、提供し、お会計をすることです。

基本的にはほとんどのものが調理ができている状態でカウンター後ろのボックスにはいっているのでそれをとればよいのですが、ドリンクやポテトに関しては自分で用意しなければいけません。

ドリンクは100パーセント自分で作る必要があります。ポテトに関しては、揚げたてがおいてある場合はそれをいれものにいれて出します。もしも上げた手がない場合はウエイティングをとってポテトをフライヤーに投入し揚げます。そして揚がったらあげたてをお客様のお席までもっていきます。

カウンターでの接客スタッフのお仕事はこれだけではありません。お客様が食べた後のトレーをさげたり、フロアの掃除をしたり、ゴミ捨てなどをしたりします。また、バスケットやコップなどを洗うのもカウンターでの接客スタッフのお仕事です。トイレの点検やお掃除もします。また店内にお客様がほとんどいないという場合は、クーポンやちらしをもって外に出て、ちらしくばりや宣伝をしたりもします。

ロッテリアでバイトして良かった点

f:id:utr066:20150922223338j:plain

研修がしっかりしている

ロッテリアでアルバイトをしてよかったと思う点は、研修がとてもしっかりしていて、最初の挨拶のしかたから社会人としてのマナー、接客の極意などさまざまな方面においての研修をうけることができ、大変勉強になりました。研修の時間も時給が発生するのですが、お金をはらってでも受けたいと思うようなとても内容の濃い研修でした。

このときに教えてもらったマナーやビジネス用語などはその後の就職や仕事においてもかなり役にたちました。研修がおわってもある程度仕事ができるようになるまでは先輩がしっかりとついてくれて細かく教えてくれるので、安心してはたらくことがでいました。サポート体制がしっかりしているというのは本当に魅力的でした。

覚えるメニューが少ない

ロッテリアはほかのファストフードにくらべてメニュー数が少なく、商品を覚えるのにあまり時間がかからなかったので、アルバイトが始めてという人でも比較的やりやすいアルバイトだとおもいます。

コミュニケーション能力が身につく

人と接するお仕事ですので、やっているうちに自然とコミュニケーション能力がみにつきましたし、どんな人とでも物怖じすることなく話すことができる力がみにつきました。

処理能力が上がる

短時間で正確丁寧に物事を処理するための処理能力が身につきました。どんなにばたばたとした状況においても冷静に物事を考えて判断することができるようになったのもこのアルバイトを通して身に着けた能力だと思っています。

ロッテリアでバイトして悪かった点

f:id:utr066:20150923091634j:plain

靴は自腹

ロッテリアでアルバイトをして悪かった点は、衣装は基本的には貸与なのですが、靴に関しては指定のものを買わなければならなかったことです。お金を稼ぐために働きにきているにもかかわらず、一番最初の時点でロッテリア指定の靴を買わなければいけないという出費がありました。長く続けられるかわからないにもかからわず、この靴を買わなければいけないというのは些か疑問に思いました。

ロッテリアでバイトするのはこんな人におすすめ

ロッテリアでのアルバイトは、コミュニケーション能力が必要です。明るく元気で、人と話すのがすきな人には向いているアルバイトだと思います。

事務的な作業が好きな人よりも、体を動かすことが好きな人のほうがこのアルバイトには向いているはずです。また、短時間でテキパキと丁寧に接客する必要がありますので、几帳面で丁寧な性格な人にも向いていると思います。