勉強しまっせ引越しのサ○イでのバイトレビュー

f:id:utr066:20150930095557j:plain

某引越しのサ○イさんでバイトした体験に基き、レビューをしたいと思います。

引越しのサイの仕事内容

自分が応募したのは当然現場作業員です。 二人から三人でチームを組み、トラックに乗り込んで引越しを手伝いに行く、そんな単純な仕事でした。 現場で物の梱包、トラックへの積み込み、引越し先へ輸送、典型的な引越し屋の仕事と言えます。 分類としては軽作業でしょう。 ただ、「軽作業」と言うのは「楽な作業」と言う意味では無く、「重機、機械を使わない作業」だと言う意味だと知っておく必要があると言えます。

サ○イでバイトして良かった点

単純に給料が高い

やはり厳しい作業が多いので、その分給料が高いのでしょう。 一日一万円以上は楽勝で稼げます。 一ヶ月続けば、ヘタな正社員より給料を頂けるでしょう。 実際、学生でもできるようなアルバイトで十日行けば十万!のような割の良いバイトはそこまで無いでしょう。 実際自分は一ヶ月勤めただけでかなりの収入があり、連日高い店で外食、ブランド服の購入等、かなり豪遊をする事ができました。

鍛えられる

一日、二日はどんな人でも体が悲鳴を上げると思います。 ただしそれを乗り切って慣れてしまった、と言う位になると、信じられないほど体が鍛えられているのが、ある日突然理解できると思います。 また、他の職種などへ行ったとしても「あれに比べれば」と自らを奮い立たせる事もできます。 それほどに肉体的、精神的にタフになります。

サ○イでバイトして悪かった点

肉体の酷使

とにかく体力勝負です。 一日に最低でも2~3件以上はこなさないとならない為、スピードも要求されて来ます。 とにかく動き続け、運び続ける。 絶え間なくウェイトトレーニングをやらされているような物です。 このバイトを選択する人はただ運動ができる、体を鍛えたい、厳しくても金の為に、と言う理由が殆どですが、よほど明確な意思が無いと、すぐに辞めようとなるかもしれません。 どんなに消耗していても動き続ける体力と根性が必要です。

精神の酷使

社員の方も早く仕事をこなさいと、と焦っているので、新人に構っている暇などありません。 とにかくアレをしろ、コレをしろ、と教えられていない用語も交えて指示が絶え間なく飛びます。 一度教えたら、もうできる物として判断され、二度目以降に質問したりすると叱責や罵声が遠慮無く飛び交います。 体力勝負の仕事と言う事で、体育会系のノリが空気を支配し、使えないと判断されたら最後、もう最後まで頭ごなしに怒られ続ける事は必定です。 お客様の前なので反論も怒る事もできません。

人員の入れ替わりが激しい業界なので、新人、それもアルバイトの育成などしている暇が無い、と言うのは理解できますが、それでも常軌を逸した責めを受けるかもしれません。 しばらく続けばこちらも仕事のやり方も分かって来るので何も言われなくなるのですが、その前に折れてしまうかもと覚悟はした方が良いです。

得る物が金と体力以外には余り無い

それらが目的なら良いのですが、社会経験だとか、現場を一度体験してみたい、等と言う動機では続きませんし、実際得る物は殆どありません。 ただ物を運ぶだけなので、そこから得られる物等、推して知るべし、です。 体のどこかを痛めてしまうリスクも当然あるので、金とスキル・健康のバランスをどこまで重視するかで、仕事への印象も変わってくると思います。

バイトするのはこんな人におすすめ

  • とにかく体力と根性に自信がある人
  • キツくても良いので、高い給料が貰いたい人
  • 何を言われてもめげない人
  • 体力、精神力を鍛えたい人

厳密には一つ目の条件、体力と根性さえあれば何とかなります。 逆に言えばそれが無い場合、完全に稼ぎ優先で、時間が無いからとか、ちょっと高給だから選んでみたとか、そう言う動機だと続かない可能性が高いです。 チームでの仕事なので、一人が動けなくなると負担が残りのメンバーにダイレクトにのしかかるので、自信が無ければ選ぶべきでは無いでしょう。