ワールドでの子供服販売ってどうなの?

f:id:utr066:20150922223343j:plain

大手アパレルメーカー、ワールドの子供服の販売のお仕事についてです。

ワールドの仕事内容

基本的にアルバイトの仕事は以下の8つです。

  1. レジ立ち上げ
  2. 清掃&朝礼
  3. 品出し
  4. 商品整理
  5. 接客
  6. レジ
  7. 倉庫整理
  8. レジ締め

①と⑧に関しては早番で入るか、遅番で入るかによって変わってきます。私は早番のみだったので⑧はやったことはありません。それ以外は通常の仕事として毎日行います。

この仕事をして良かった点

f:id:utr066:20150920125321j:plain

①子供に癒される

お客様は小さなお子様を一緒に連れてくる方が多いので、見ているだけで癒されます。話をする機会もあり楽しいです。

②商品に癒される

子供服はカラフルで可愛いものが多いので、商品を見ているだけでもワクワクしますし、癒されます。毎週のように新商品が出てくるので、それも楽しみの1つです。

③自分に子供がいる場合、参考にできる

自分に子供がいる場合、店で学んだコーディネートなどを活かせますし、子供関係の情報も入ってきやすいので、意外とためになることがあります。

④子供服が安く手に入る

どこのアパレルでもあるかもしれませんが、社割で商品を安く購入することができます。子供服はローテンションが早いので、安く手に入るのは本当に有難いです。

この仕事をして悪かった点

f:id:utr066:20150923091634j:plain

①返品が多い

子供服は大人と違って、サイズが細かいので返品&交換がとても多いです。

②夜がひま

私は早番なので経験ありませんが、遅番のバイトさんがいうには夜にはほとんどお客様が来ないようです。やはり小さいお子さんがいる人は夜に買い物に来るのは  難しいからだと思います。最近は営業時間の長い商業施設が多いので、ひまな時間が長いとより時間が長く感じられ、相当つらいようでした。

③掃除が大変

小さい子が多いので、鏡はすぐに手垢で汚れるし、ジュースやお菓子の食べこぼしなどが多くて、掃除が大変でした。ときには商品を汚されてしまうことも・・。

④商品整理が大変

子供服はサイズも多いし、商品のアイテム数も多かったので、商品整理をしてもすぐにぐちゃぐちゃになってしまいます。特にセールをしているワゴンはやっても  やってもすぐに乱れてしまい直すのが大変でした。

⑤接客の目標

ノルマではありませんが、1日の売り上げ目標は持たされ、その日ごとに結果を記録するようになっていました。ノルマではないと言え、私は接客が得意ではなかったので、  このように記録しなければならないことは結構プレッシャーで辛かったです。

子供服の販売をするのに向いている人はこんな人

①子供が好きな人

子供連れで来る人が多いので、やはり子供が好きでないとこの仕事は向いていないと思います。子供が好きなら、仕事をしていても楽しいし、やる気もわいてくると思います。

②子供がいる人

自分に小さい子供がいる場合、さらに楽しさはアップすると思います。商品を見ながら自分の子供のことも考えられるからです。  またお客様と同じ目線に立ってアドバイスできるので、それが接客する上で強みになります。  ただ子供服のサイズは130までがほとんどなので、それ以上になってしまうとあまり関係ないかもしれません。

③笑顔が得意な人

笑顔は販売の仕事の基本ですが、子供服のお店は小さなお子様も多いという点から考えても、より笑顔が大切だと思います。笑顔で優しい雰囲気を持った人は向いていると  思います。

④声を出したりするのに抵抗のない人

セールのときなどは大きな声で呼び込みをしないといけない場合もあります。恥ずかしくて大きな声を出せない人は向いていないと思います。 とにかく明るく、元気に、笑顔で!!これが子供服を販売する上で一番大切なのではないでしょうか。