道によくいるティッシュ配りのバイトについてレビュー

f:id:utr066:20151213175445j:plain

道行く人にティッシュを配るお仕事です。 ティッシュの中に広告が入っているのでそれを見てもらい、興味を示してもらえるように沢山の人に無料で配ります。 最初にティッシュを箱ごと渡されるのですが、この時点で既に広告がセットされているのでティッシュ配りを任された人は声をかけながら配っていくだけのお仕事です。

ティッシュ配りのバイトをして良かった点

f:id:utr066:20151213175441j:plain

協調性が必要ない

基本的には声をかけながらティッシュを配るまで自分一人で作業を行います。 それに、稀に同じ場所で一斉にティッシュを配ることもありますが、ほとんどが各自エリアを決められて個々で行うのです。 なのでチームワークは特に必要なく、仲間と仲良かろうと仲悪かろうと淡々と仕事をこなすことができます。 仕事場で過ごしやすくするためにあえて他人と仲良くなろうとしたり、上司に気に入られようとしたりする必要がほぼありません。

簡単作業

そして難しいことが一切ないのが魅力的です。 ティッシュを配るだけの作業をお仕事終了の時間まで繰り返すだけの単純作業です。 声をかける内容は配るティッシュによって変更されますが基本はよろしくお願いしますの一言ですし、このように声をかけながら配ってくださいと指示がある場合でも所詮は一言添えるだけなので覚えるのは簡単です。

配りきれる

それから、ティッシュ配りのアルバイトと聞くとなかなか貰ってくれなくて大変というイメージを持つ方もいるのですがそんなことはありません。 チラシはなかなか貰ってもらえないのですが、ティッシュは欲しがる人が多いので意外とすぐになくなってしまいます。 配りきれなくて帰れないということはありませんでした。

ティッシュ配りのバイトをして悪かった点

f:id:utr066:20151213175423j:plain

天気と季節に左右される

主に外でのお仕事になるので天候が悪いとその分大変になります。 雨の時はカッパを着て配ることもあれば雨天中止になることもあります。 また、季節によってもお仕事のしやすさも変わります。 冬はただでさえ寒いですし、そのうえ曇り空だと体が震えます。 夏は炎天下の中でティッシュを配らなければならないので熱中症の心配があります。 水分補給をしながら汗だくになってお仕事をしていたのを覚えています。

怒られたりナンパされたりする

それからたまに文句を言われることや、ナンパをされてしまうことがあります。 これからお仕事に行く人やお仕事帰りの人やお出掛けをする人などに声をかけながら配るので忙しい方にとっては邪魔になってしまいます。 そういった方に怒られたりすることがあります。 致し方ないことですが多少へこみます。 悪ふざけなのか本気なのかはわかりませんが、連絡をくださいと名刺を渡されてしまうこともあるので困ります。 不特定多数の人に見られているお仕事ですからこれもある程度は仕方のないことだとは思います。 しかし対応には困ってしまいます。

ティッシュ配りのバイトをするのはこんな人におすすめ

チームワークが必要なお仕事が苦手な方にはもってこいの仕事です。 そして単純作業の繰り返しを苦痛に感じない人、体力があって長時間立ちっぱなしでも問題のない人にもおすすめです。