郵便関係のコールセンターでのアルバイト体験談

f:id:utr066:20160209074536j:plain

給料が高いイメージのあるコールセンターですが、働く環境はどんな感じなんでしょう。クレームが多かったり精神的にきつかったりするものかもしれません。コールセンターに興味のある人は参考にしてみるといいでしょう。

コールセンターの仕事内容

  • 電話受信
  • 郵便に関しての案内

受信専門のコールセンターだったので、掛かってきた電話をひたすら取り案内をするお仕事です。 分からない事はSV(スーパーバイザー)と呼ばれる人に手を挙げて質問するといった流れです。

コールセンターでバイトして良かった点

給料が良い

他のバイトに比べて時給が良いことです。深夜働くくらいの時給を貰えたのでそこは良かったです。

休みの融通が利く

急用でどうしても休まなきゃいけない時もわりとあっさり休めました。その日かかってきた電話の対応だけなので、休み事によって誰かに特別迷惑をかける心配もなかったです。

人間関係が希薄なので気持ちが楽かも

人間関係がめんどくさい人には良いかもしれません。出勤したらすぐ電話受信、終わったらすぐ帰れます。お昼ご飯の際は社員食堂なのですが、一人の方も沢山いました。

髪型・服装は自由

金髪でも服装が派手でも、何の問題も無いコールセンターは多いと思います。

コールセンターでバイトして悪かった点

専門知識が勉強不足だと辛い

研修が3日ほどあり、電話受信も一番簡単な郵便番号の問い合わせや郵便の追跡確認など簡単な問い合わせがくる部署だったんですが、それでも中には海外発送のことを聞いてくる人もいますので、そこで答えられないと最悪電話口で怒鳴られます。

専門知識は研修以外は自分で勉強するしかありません。 私が働いた郵便関係のコールセンターで言えば、郵便の種類、ゆうパックの種類、海外発送の方法を全て把握していたら何の問題も無いと思います。

クレームに耐えなくてはいけない

クレームだけのために電話してくる人もいるので、その人に当たったらずっと罵倒されますので我慢が必要です。

コールセンターはこんな人にオススメ

主婦の方

時間がきっちり決められていて、残業してほしい時も会社側が聞いてきてくれますし、断っても何も変わりません。 あとお子さんがいる方などは急なお子さんの風邪で休みが欲しいという時でも比較的休みやすいかと思います。

怒られてもめげない人、かわせる人

とにかく一日一回は必ずと言っていいほどクレームに当たります。ひどい人は「お前の名前を言え!家に乗り込んでやる」くらいの人もいますので、軽くかわせる人や、なだめて丸く収める事が出来る人などには良いと思いますし、そういう人がいたら心強いと思います。

人間関係を気にする方

会社の人と付き合いで飲みに、なんてことはめったにないと思います。隣の人の名前を知らなくても問題ありません。なのでそういった面ではとても楽だと思います。 人付き合いが好きな方はそういった方同士で集まっているでわざわざ声をかけてきたりしないと思います。