スマホが好きな人にオススメのアルバイト5選!

hilthart-pedersen-602249-unsplash

スマホやパソコンが好きで、それをアルバイトにも生かしたいと考えているのではないでしょうか。周りにそういったバイトをしている人が多くはないのであんまりないのかなあ、と思いますがそういったアルバイトも存在します。

この記事では、スマホやパソコンが好きな方にオススメのバイトを紹介していきます。

携帯販売

ヤマダ電機やケーズデンキのスマホコーナーに行くと、スマホを販売している人がいますよね。お客さんに商品説明をしたり、機種変更の手続きを行ったりするのが仕事です。

携帯販売

スマホの購入や機種変更の手続きを行う仕事です。

スマホを購入する人の中には、どのスマホがいいのか悩んでいる人もいるはずです。「こっちのスマホとあっちのスマホどっちがいいんだろう?」なんてことを思っている人もいるでしょう。そんな方達の疑問に答えたり、説明することもあるので、スマホに関する知識やそれを伝える技が必要でえす。

スマホであれば、新製品は季節ごとに出ますし、それをキャッチアップしていく能力も大事ですね。新製品について聞かれた時に何も答えられなくなってしまいます。

知識のみでなく、コミュニケーションスキルも試されるので難しいアルバイトでしょう。

その他の仕事

  • 店内の掃除
  • 携帯の展示
  • 店内の装飾
  • 事務作業
  • チラシやティッシュ配り

時給は1300円~1700円程度と高時給

携帯電話販売の仕事は、数あるアルバイトの中でも時給が高いのが魅力です。ただ、注意事項として、アルバイトでも残業がある場合もあります。それが嫌であれば、求人票をきちんとチェックし面接でも訪ねてからうやることにしましょう。

スマホの操作説明

スマートフォンの操作説明をするアルバイトといったものもあります。勤務場所は、ドコモショップでスマホ教室が開かれているので、そこでの勤務だったりですね。

仕事内容

・スマホの基本操作説明
・地図やLINE等アプリ/サービス説明
・料金プラン等、月額料金の説明 など

仕事内容としては、スマホの使い方がわからない方のために、操作方法や活用法などを教えるといったものです。お客さんの層としてはシニアの肩が多いです。

時間として日に実働5時間ほどなこともある為、家庭と両立したい主婦の方にも良いのではないかと思います。事前研修もあったりするので、こういったことが初めてでもできそうですね。

Appleストアスタッフ

スマホやパソコンが好きであれば、Appleストアに頻繁に行く人もいるかもしれませんね。このAppleストアでもアルバイトの募集をしている時があります。仕事内容としては、商品の説明やお客さんの対応です。

時給が1700円ほどと高い

アップルストアのアルバイトは時給も高いですね。スキルと経験によるところもありますが、それでも結構もらえますね。

どういう人が歓迎される?

Appleストアのアルバイトでは、どういった人が歓迎されるのということですが、某求人サイトに載っている条件としては以下の通りでした。

<こんな方歓迎します>
・英語が話せる方
・Apple製品が好きな方
・人と接することが好きな方
・モチベーションが高い方
・成長できるお仕事がしたい方
・接客・販売・営業・カスタマーサポート・オペレーションいずれかの経験者

やはり英語を話せる方がいいようですね。あとは、Apple製品が好きで、モチベーションが高い方などです。確かにAppleストアに行けば、外国人の方も結構いますからね、英語を使う機会もそれなりにあるのでしょう。

もし、上記に当てはまれば受かる確率も上がるかもしれないですね。

修理受付

スマホを修理するお店はあまり見ないかもしれませんが、バッテリー交換や画面の修理など修理を行うアルバイトもあります。お客さんの修理に関する問い合わせをして、修理の説明や商品の案内をするのが仕事ですね。

  • 修理の受付
  • ケース,フィルムなどのご案内
  • 画面割れ修理
  • バッテリー交換
  • 水没復旧作業

具体的には上記のような作業を行います。自分で機械を分解したり、直してしまったりすることが好きな人には向いているアルバイトではないでしょうか。なかなかないアルバイトのように思えますが、求人サイトで「スマホ修理」と検索すれば、意外と求人情報が出てきます。

興味あったら見てみてください。

スマホのアクセサリー販売スタッフ

スマホ好きであれば、アクセサリーにもこだわっているのではないでしょうか。どんなカバーやケースにしようかな、と選ぶのが好きであれば、スマホアクセサリーの販売スタッフにも向いているかもしれません。主に接客を行いますが、商品陳列やお客さんの質問に答えたりもしないといけないですね。

  • 商品陳列やレイアウトなどの売場作り・・・売れ筋の商品をどこに、どういう風に並べるかといったことを考えて、商品を陳列していきます。
  • 質問対応・・・「このスマホに合うサイズの保護フィルムはどれですか」「最新スマホのケースはどれですか」等アクセサリーに関する質問をされる場合もあるので、素早く答えられるように勉強も必要ですね。

まとめ

知識のみならずコミュニケーション能力が必要になってくる場合が多いので、なかなか大変ですね。とはいっても、働いていればその分野の知識はついていくし、自分がその製品を好きであれば楽しく働いていけるのではないでしょうか。

自分の好きなものを生かして働いていくのもありですね。

hilthart-pedersen-602249-unsplash