誰もが行った事があるレンタルビデオ店バイト

f:id:utr066:20160213174337j:plain

みなさん、バイトを選ぶ際には何を重視しますか?時給、家からの近さ、色々あるかとは思いますが自分の好きなものに囲みれながらお仕事をするとは幸せな事ではないでしょうか。 映画が好きな人はきっと多いと思います。

映画でないにしろ、CD若しくは最近ではコミックをレンタルしに近所のレンタルビデオ屋に足を運んだ事がある方はきっと少なくないでしょう。

ただ募集条件を見てみると最も名前の知られているTSUTAYAやゲオだと週に入らなければいけない回数が多い。基本的には最低でも週に3回からが多いのではないでしょうか。それでもレンタルビデオ店で働いてみたい。そんな方でも働けるのがDORAMAというレンタルビデオチェーン店です。

最低労働時間

ゲオやTSUTAYA程の店舗数はありませんが、都内にも幾つか店舗を構えています。 このバイトの大きな魅力の一つとしては、やはり週に働かなければいけない最低労働時間。

ですが大学やその他本業など忙しい方などには、中々その日程を確保するのは難しいかもしれません。店舗によって異なるかもしれませんが、私が勤務していた店舗では週に1回から、1日4時間からという非常に融通の利くところでした。

そのうえどうしても理由があって入れない週がある場合には、事前に相談すればお休みを頂けました。

清潔感

飲食店などではないので、そこまで服装などには厳しくはないですが、やはり接客業ではあるので爪は短く、など不潔感のない格好は求められます。派手な金髪であったりする方は向かないかもしれません。

社内割引

そして何より大きなメリットとしては、レンタルものに社内割引が適応されます。よくレンタルされる方にとってはかなり大きなメリットではないでしょうか。

大変だった点としては、殆どの方が他に本業をされている方だったり学生だったので人の移り変わりが激しいという事がありました。折角後輩に仕事を教えてそろそろ覚えてきた…というところで、また新たに違う人に勝手一から教えなおす、と言うのは中々手間がかかったものでした。

クレーマー

そしてやはり接客業なので時折クレーマーがいらっしゃいました。中々理不尽な言葉に対していかに対応するか、腹が立つこともありましたが社会人になるともっと理不尽な事がたくさんあるのだと思います。

そう思うと社会勉強の一つ、ではないですがそういった耐性をつけておく事につながるのかな、と考えるようにしました。

腰にくる

毎回大量にDVDを入荷、返却処理をするのでかなり腰にくるかと思います。私はもともと腰が悪かったのですが、バイトをしていて一度ぎっくり腰をやった事があります。腰が悪いからと言って働けないという事はありませんが、きちんと自己ケアが出来る方が応募したほうがいいかな、とは思います。

こんな人にオススメ

そして勿論レンタルビデオ店なので、映画が好きな人が多く集まっています。働きながら楽しく映画に関する話をすることも少なくありませんので、是非映画好きの方が応募して頂けるといいかなと思います。

f:id:utr066:20160213174337j:plain