スーパーの値付けアルバイトを行う上大切なポイント

f:id:utr066:20151001090411j:plain

スーパーの仕事といえば、レジ打ちといった立ち作業が必要である程度の忍耐力と計算力が求められる仕事が多いイメージが有りますが、今回はスーパーの仕事の中で特におすすめな仕事を紹介したいと思もいます。

 スーパーの値付けアルバイト

それはスーパーの商品の値付けの作業です。

仕事内容

具体的に何をするのかというと、賞味期限切れの商品を探してきて、その商品のバーコードを機械で読み込んで、値引きのシールを張るといった単純作業です。

どのスーパーにも値引きのシールが貼られているかと思いますが、これはスーパーの従業員が賞味期げ切れの商品をお客さんが手に取る前に迅速に値引きのシールを貼り、お客さんに商品を迅速に買ってもらっているのです。

ですので、商品を値引きする上で重要なポイントは、いかにお客さんが商品を手に取る前に、値引きのシールを張ることができるかにかかっています。

私が働いていたスーパーでは惣菜、野菜、肉といって分かれており、それぞれのコーナーによって値引きのシールを貼るタイミングが違っていたします。

私が働いていたスーパーの場合は、惣菜、肉、野菜の順番でした。

値付けアルバイトに求められるスキル

このように時間に追われて、限られた時間内にテキパキと作業をこなすことが、この商品の値付けのアルバイトに求められていることなのです。

値付けアルバイトに向いていない人

では逆にどういった人が、この商品の値付けのアルバイトに向いていないのでしょうか。それは段取り良く単調な作業をテキパキできない人がこの仕事に向いていないと考えられます。

例えば、惣菜コーナーの中で、値引きを行っている中で、お客さんが惣菜の中にある特定のほしい商品の値引きを待っている場合は、お客さんの意向にそって、迅速に値引きの対応をしなければいけません。

その場合は値引きをしている作業をとめて、お客さんの元へいってお客さんの買いたい商品の値引きをしなければいけません。

また似たような事例で、商品棚にお客さんが商品の値引きのために列を作っているのなら、まずそちらの商品の値引きを優先しなければいけません。

このように状況に応じて、値引きの作業も大切ですが、購入してもらうのはお客さんなので、お客さんのことを考えて動かなければ、この値引きのアルバイトを行うことは難しいでしょう。

まとめ

お客さんは見ていないようで、しっかりと従業員のことをみています。

お客さんに対する心構えと気配りがしっかりとできることが売上に大きく左右されるのです。まずこのことを覚えておきましょう。

以上がスーパーの根付アルバイトにおけるポイントです。

f:id:utr066:20151001090411j:plain